はたらく細胞×コロナ感染予防

こんにちは! キッズリンクです!

先日『はたらく細胞×新型コロナウイルス』の記事でコロナウイルスにかかると、身体の中ではどのようなことが起こっているのかお話ししました!!

はたらく細胞「新型コロナウイルス・感染予防編」が出ていたので、今回は感染予防・手洗いについてのお話です。

手洗い

皆さんは手洗いの効果がどのようなものか知っていますか?? なんとなく「除菌する」「殺菌する」というイメージを持っている人がほとんどではないでしょうか??

なんとなくのイメージではなく、しっかり手洗いの効果と意味を理解し、正しい手洗いを覚えましょう!!

どのハンドソープが効果的??

沢山のメーカーから色々なハンドソープや石鹸が販売されています。コロナウイルスが猛威を振るっている中で、少しでも除菌・殺菌効果の高いものを買いたいと思うかもしれません。

ハンドソープや石鹸の働きを知って自分に合った商品を選べるようにしましょう♪

ハンドソープ・石鹸の働き

多くの人がハンドソープや石鹸でウイルスを除菌殺菌できると思っています。間違ってはいませんが、正しくは

石鹸の力で皮脂を浮かせて菌と一緒に洗い流す

です!!

現在売られているハンドソープの中には「菌を除菌」「殺菌効果」と書かれているものも多くあります。そういった商品は実際にそういった効果もあるのだと思います。

しかし、実際には、直接ウイルスに作用して死滅させる前に皮脂と一緒に洗い流しているのです。

アルコール消毒よりも手洗い

コロナウイルスが流行してから、今までアルコール消毒をしてこなっかた人もアルコール消毒を買ったり使ったりしている人が増えました。

専門家もコロナウイルスにアルコール消毒は効果的と言ってるのですから、生活の中に取り入れるのは納得できます。

ですが、皆さんはアルコール消毒正しく行えていますか??

菌やウイルスは身を守るためにバリアを張り外敵から身を守ります。バリアを張った菌やウイルスにアルコール消毒をしても効果が半減してしまします。

なので、まず最初に手を洗いバリアを破壊する必要があるのです。

手を洗いバリア破壊した後、アルコール消毒をすることでしっかり除菌・殺菌効果を得られるのです!!✨


あなたの手洗いは大丈夫??

感染予防には手洗いが大切とお伝えしてきましたが、その手洗いが正しくできていないと意味がありませんよね。

洗いにくい箇所をご紹介するので、今日から意識して洗うようにしてみましょう♪

爪の間

爪の間は菌やウイルスが溜まりやすい場所です。爪ブラシを使うときれいに洗うことができます✨

100均のバスグッズコーナーに置いてあるので確認してみて下さい。

指の間

洗い残しの多い箇所。手のひら側・手の甲側、両方洗うようにしましょう。

親指の付け根

洗えてるように思えますが、実際は洗えていない箇所。手で親指の付け根を包み込むように洗いましょう。

まとめ

はたらく細胞「新型コロナウイルス・感染予防編」では、目に見えないウイルスや菌が描写されています。

それらが身体の中に入ってくる描写もあるので危機感を持つことができると思います。

まだまだ我慢の時間は続きますが、身近な・自分のできることから行っていきましょう♪