音楽♬

こんにちは、キッズリンクです!

今日は昨日より肌寒いですね~温暖差があるので体調には気を付けたいですね(#^^#)

今日は音楽が幼少期の子供に与える影響をご紹介できればと思います。

言語能力を高める

幼児期に音楽をたくさん聴いていると、音楽を聴く力が高まり、一つの歌から人間の声、楽器の音、和音などを聴き取れるようになります。音楽をあまり聴いてこなかった、また音楽教室などに通ってこなかった子供と比較すると、より微妙な音の違いを聴き分けられるようになるそうです。

音の微妙な違いに気付けることは、発音の違いに気付けることにもつながるため、英語などの言語能力も高めやすくなると言われているそうです。

運動能力を高める

幼児期の子供に音楽を聴かせることは、運動能力を高めることにもつながるそうです。

運動を行うには、知覚と動作を連結させる必要がありますが、音楽を聴きながらダンスをしたり、歌ったり、手を叩いたりといった簡単な行動を一緒に取り入れると知覚と動作が連結しやすくなるそうです。

このような能力はいきなりはっきりとした形としては現れませんが、運動を行う際に短い練習時間でマスターできる、パフォーマンスが向上するといった結果に繋がるそうです。

人間性を高める

音楽には人間性を高めるという効果もあるそうです。合奏や合唱を経験することで協調性が生まれ、他の人とのコミュニケーションを円滑に進めやすくなるそうです。達成感を味わうことで自己肯定感が強まり、人と対等に接することができるようになるそうです。

また、歌詞の意味を考えたり、音楽のテンポや音階などからその音楽が表現していることを考えたりすることで、自然と相手がどんな気持ちなのかを推し量る共感性なども身に付くそうです。

音楽が幼児期の子供に与える影響について、三つの能力をご紹介しました。